「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> データセンター >> 「一帯一路」データ

天津港で今年1本目の「一帯一路」直航航路が開通

コンテナ船「永康号」が1月29日、天津港集装箱公司埠頭から出港し、天津港とシンガポール、マレーシアのクランなどの港と結ぶ「一帯一路(the Belt and Road)」直航航路が正式に開通した。天津港集団有限公司が開通させた今年1本目の「一帯一路」直航航路となる。経済日報が報じた。 新航路は、「一帯一路」東南アジア直航航路で、2500‐2700 TEU…

2021-02-02

国際定期貨物列車「中欧班列」の年間運行数が初めて1万の大台突破 1万2406本

1月8日、検査検疫が終わり、内蒙古(内モンゴル)自治区二連浩特(エレンホト)市から中国域内を離れる「中欧班列」の列車。(撮影:郭鵬傑) 中国国家発展改革委員会は19日、「一帯一路(the Belt and Road)」の共同ブランディングプロジェクトの一環である国際定期貨物列車「中欧班列」は2020年、海路や空路で運ばれた貨物を積み替えて輸送できるという…

2021-01-20

「一帯一路」参加国に中医薬を輸出する拠点を陝西省に設置

中国西北地区最大規模で、陝西省の中医薬材ストックの需要の70%を満たすことができる関中中医薬材物流拠点の運営が11月28日に始まった。中央テレビニュースが報じた。 中医薬は「中華民族の宝」だ。新型コロナウイルスとの闘いにおいても、重要な役割を果たしている。「精華を伝承し、伝統を守りながら革新し続ける」べく、陝西省は陝南、陝北、関中の3ヶ所に中医薬材物流拠…

2020-12-10

中国1-9月の「一帯一路」沿線国との物品貿易が1.5%増

商務部(省)の任鴻斌部長補佐が12日に国務院新聞弁公室で行われた国務院政策定例ブリーフィングで述べたところによると、今年1-9月には、中国と「一帯一路」(the Belt and Road)沿線国との物品貿易額が6兆7500億元(1元は約15.8円)に上り、前年同期比1.5%増加して、対外貿易全体の増加率を0.8ポイント上回ったという。…

2020-11-13

「7つの進化」で回を追うごとに良くなる輸入博

第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)が11月5日、上海で予定通り開催される。中国国際輸入博覧局の孫成海副局長は、「第3回輸入博の全体的枠組みは前2回とほぼ変わらないが、フォーチュン・グローバル500と業界トップ企業の平均展示面積は第2回より14%増えた」と述べた。…

2020-10-30
prev  1 2 3 4 5 6 7   next