「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> ニュースルーム >> 最新情報

2022年度「一帯一路」の今年の漢字は「通」

中国パブリック・リレーションズ協会が主催する2022年度の「一帯一路」(the Belt and Road)の今年の漢字が19日、オンラインで発表された。専門家やメディアの選出、推薦を経て、「通」が今年の漢字に選ばれた。新華網が報じた。 中国人民政治協商会議の委員を務める、中国パブリック・リレーションズ協会の張小影副会長によると、「一帯一路」の今年…

2022-05-20

中国・ラオス国際貨物列車と「中欧班列」が初めて試験的に開通

18日午後、50TEU(標準コンテナ換算)のコンテナを積み込んだ国際定期貨物列車「中欧班列」が、貴州省貴陽市都拉営にある国際陸上海上連携物流港を出発し、ハンガリーのブダペストに向かった。貨物の一部はベトナムから中国・ラオス鉄道を経由して貴陽に輸出され、それから「中欧班列」に積まれて欧州に直接輸出されている。このことは中国・ラオス鉄道の国際貨物輸送列車と「中欧…

2022-05-20

中国北斗衛星測位システムが大規模応用発展の新たな段階へ

北斗衛星測位システム搭載のスマートコネクテッドカー(資料写真) 中国衛星ナビゲーション測位協会が18日、北京で「中国衛星ナビゲーション・位置情報サービス産業発展白書2022」を発表した。それによると、2021年も中国の衛星ナビ・位置情報サービス産業は安定した高度成長トレンドが続いたという。 中国のデジタル経済の発展に強大な生命力を与える 同白書に…

2022-05-20

中日共同イノベーションセンターが成都ハイテク区で運営開始

成都ハイテク産業開発区の新たな対外協力プラットフォームとなる中日共同イノベーションセンターが、このほど正式に運営を開始した。今後、複数の日系企業のプロジェクトをここで実施し、日系企業が成都に集積・発展し、交流・協力するのをサポートすることになる。進出企業の第1号となる成都菱重高投能源技術有限公司はすでに入居した。 同区国際協力投資サービス局の関係責任者は…

2022-05-19

中国企業が投資建設した高速道路の試験運用開始 ケニア・ナイロビ

中国路橋工程有限責任公司(CRBC)がケニアの首都ナイロビで投資開発および建設を担当した高速道路の試験運用が5月14日からスタートした。2020年9月に着工したナイロビ高速道路の全長は…

2022-05-16
  1 2 3 4 5 6 7   next