「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> ニュースルーム >> 最新情報

成都始発の国際定期貨物列車「中欧班列」第1便がロシアへ

四川省成都市始発、ロシア・サンクトペテルブルク行きの国際定期貨物列車「中欧班列」第1便がこのほど、サンクトペテルブルクのシュシャリ駅に到着した。…

2021-03-24

中欧班列(西安)の今年の輸送量が3万両突破

コンプレッサーや自動車のパーツ、家電などを満載したコンテナ50基を積み込んだ国際定期貨物列車「中欧班列」(西安)X8153号が今月22日、陝西省の西安西駅・新築駅から新疆維吾爾(ウイグル)自治区コルガス市の通関地に向けて出発した。これにより今年の中欧班列(西安)の輸送量は3万両を突破して前年同期比24.36%増の累計3万49両に到達した。陝西日報が報じた。 …

2021-03-24

中日大学生が「結婚観」をテーマにリモート対話

雲南省人民対外友好協会によると、日本と中国の大学生が交流する「第3回中日大学生対話会」がこのほど、リモート形式で開催された。中国の雲南省や吉林省、湖北省の大学生が、日本の東京都、京都府、宮城県、大阪府、兵庫県の大学生とオンラインで集い、「中日の青年の結婚観の相違点」などをテーマをめぐり、意見をたたかわせ、親ぼくを深めた。中国新聞社が報じた。 対話会では、…

2021-03-23

「成都—ロンドン」、「成都-ダッカ」の貨物便が2日連続で開通

「成都—ロンドン」貨物専用便 60トンの貨物が満載された物流企業・遞四方(THE FOURTH PARTY EXPRESS)の貨物機が今月15日早朝4時半、四川省の成都双流国際空港から英国ロンドンに向けて飛び立った。これで、成都で今年開通した貨物専用便は3本目となった。その前日の14日には、同じく物流企業の順豊航空の成都からダッカに向かう貨物便が就航した…

2021-03-16

東日本大震災から10年、駐日中国大使館が中日青年オンライン交流会

駐日中国大使館が7日、東日本大震災から10年にあたり開催した中日青年オンライン交流会(スクリーンショット)。 東日本大震災から10年となるにあたり、中日両国の青年間の交流と相互理解を増進し、中日友好の継承者を育成するため、駐日本中国大使館は7日、「東日本大震災10年 中日青年オンライン交流会」を開催した。孔鉉佑駐日大使、宮本雄二日中友好会館会長代行、関係…

2021-03-09
  1 2 3 4 5 6 7   next