「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> ニュースルーム

習近平総書記「土地要素による優勢地域の質の高い発展の保障能力を強化」

習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は19日、自らがトップを務める中央改革全面深化委員会の第4回会議を開き、「土地管理制度改革による優勢地域の質の高い発展の保障能力強化に関する意見」「経済・社会発展の包括的なグリーン・トランスフォーメーションの促進に関する意見」「末端組織の応急管理能力のさらなる向上に関する意見」などを審議し、採択した。新華社…

2024-02-20

観光客を魅了する太陽島氷雪芸術館 黒竜江省哈爾浜

黒竜江省哈爾浜(ハルビン)市ではこのほど第36回太陽島国際雪像芸術博覧会(雪博会)の太陽島氷雪芸術館がオープンした。2月19日、同館には多くの観光客が訪れ、展示されている氷彫刻などを鑑賞していた。同館の建物内の天井の高さは7メートル、占有面積は約5千平方メートルに及ぶ。館内には9つのテーマエリアが設けられており、100点以上の氷彫刻や雪彫刻が展示されている。…

2024-02-20

春節8連休に中国人が125ヶ国1754都市を訪問 海外旅行予約がここ4年で最多に

エジプトのスフィンクス像(2024年2月8日、撮影・闫彬) 春節(旧正月、今年は2月10日)に合わせて今月10日から17日が8連休となった中国。8連休が終わり、多くのプラットフォームが発表している連休期間中の旅行関連データを見ると、これまでで最も活況を呈した春節連休となり、国内旅行の予約数は2019年同期と比べて大幅に増加した。うち、中・長距離旅行は前年…

2024-02-20

「哈爾浜氷雪大世界」が閉園 61日間で延べ271万人訪れる

(写真提供・黒竜江日報、撮影・蒋国紅) 「世界最大の氷雪テーマパーク」である黒竜江省の「哈爾浜(ハルビン)氷雪大世界」が16日0時に今シーズンの営業を終了した。61日間で、延べ271万人が訪れ、中国国内外から来た観光客が、中国東北エリアの魅力を肌で感じた。中国新聞網が報じた。 営業期間中、「哈爾浜氷雪大世界」では、「第35回中国·哈爾浜国際氷像コンテ…

2024-02-20

中国侵略日本軍の「慰安婦」制度被害者がまた1人死去 湖南省

中国侵略日本軍の「慰安婦」制度の被害者の1人である沈さんが2月18日午後4時、湖南省長沙市長沙県で亡くなった。享年93歳。中国侵略日本軍は1944年、沈さん一家が当時住んでいた山村に攻め込み、地元の鐘馗廟を拠点として村を占拠したため、村民は次々と逃げ出した。当時、まだ13歳だった沈さんは、一家の主要な収入源だった家畜の牛を残していくことが忍びなく、牛を連れて…

2024-02-20
  1 2 3 4 5 6 7   next