「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> ニュースルーム

「クラウド記念写真」に「中国茶のもてなし」 自国開催BRICS首脳会議で示した中国のホスピタリティ

第14回BRICS首脳会議が23日夜、オンライン形式で開催された。オンラインという「クラウド空間での集まり」にはなったが、中国は主催国として各国の賓客に対し細部まで行き届いた手厚いもてなしをし、十分な誠意を示した。中国新聞社が伝えた。 北京の会議会場は人民大会堂東ホールに設けられた。中国外交部(外務省)礼賓司(儀典局)の洪磊司長(局長)によると、会場には…

2022-06-24

習近平国家主席「BRICSは閉鎖的クラブでも排他的『小集団』でもない」

習近平国家主席は23日、北京で、オンライン形式で開催された第14回BRICS首脳会議の議長を務め、「質の高いパートナーシップを構築し、BRICS協力の新たな道を開く」と題する重要演説を行った。新華社が伝えた。 習主席は「現在、世界は百年間なかった大きな変動が加速し、新型コロナウイルス感染症が依然蔓延し、人類社会は未曾有の試練に直面している。歴史の岐路に立…

2022-06-24

ウランチャブに惚れ込み、「歩くグルメマップ」となった台湾地区出身の男性

台湾地区出身の穆鈺森さん(56)はわずか3年で、今住んでいる内蒙古(内モンゴル)自治区烏蘭察布(ウランチャブ)市の街中や路地で売られているたくさんのグルメをほぼ食べ尽くしたという。中国新聞網が報じた。 グルメの達人である穆さんは今月22日の取材に対して、「僕はウランチャブの歩くグルメマップ」と「どや顔」で語った。 穆鈺森さん(撮影・李愛平)。 …

2022-06-24

習近平国家主席「BRICS各国は世界に前向きで安定した建設的な力を注ぎ込むべき」

習近平国家主席は23日夜、北京で、オンライン形式で開催された第14回BRICS首脳会議の議長を務めた。 習主席は「この1年を振り返ると、新型コロナウイルス感染症が至るところで蔓延し、世界経済の回復は複雑な状況にあり、平和と安全保障の問題がさらに顕著となった。厳しく複雑な情勢を前にして、我々は開放・包摂的、協力・ウィンウィンというBRICS精神を終始堅持し…

2022-06-24

「円安の深淵」に沈み込む日本円 日銀はなぜ動かない?

6月21日、米ドルに対する円相場が1ドル=136円を突破し、24年ぶりの円安ドル高となった。今年に入ってから、世界のあちこちで金利引き上げの動きが見られるが、日本の中央銀行である日本銀行は金融緩和の強化にこだわり続ける。米日の政策の違いが大きくなる中、ドルに対する円相場の今年の低下幅は累計19%に迫り、円は今やアジアで最も弱い通貨だ。 日本銀行はなぜ動か…

2022-06-24
  1 2 3 4 5 6 7   next