「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> データセンター >> 協力プロジェクト

ラオスのバナナを中国に輸送する中国ラオス鉄道の列車が初運行

ラオスのバナナを中国へ輸送する中国ラオス鉄道の1本目となる列車が7日、ラオスの首都・ヴィエンチャン市の南駅から中国湖南省長沙市に向かって出発した。新華社が報じた。 この貨物列車にはコールドチェーン・コンテナ25基が積載されており、ラオスの新鮮なバナナ500トンが積み込まれている。この「ポイント・ツー・ポイント」で中国の都市と結ばれている貨物列車は、湖南省…

2022-12-08

中国が支援するナイジェリア農業技術モデルセンターが引渡し

中国の支援を受けて建設されたナイジェリア農業技術モデルセンタープロジェクトの引渡し式典が12月6日、ナイジェリアの首都アブジャで開催された。2021年3月に着工された同プロジェクトは、引渡し後、中地海…

2022-12-08

中国ラオス鉄道の国際貨物列車にブロックチェーン採用

今月3日で開通して1周年を迎えた中国ラオス鉄道。同日午前には、電動自転車や石材、磁器タイル、照明器具といった輸出商品が満載された国際貨物列車がラオスの首都ヴィエンチャンに向かって、四川省成都双流航空・鉄道国際インターモーダル(複合一貫輸送)港から出発した。その列車は同鉄道開通後、ブロックチェーン技術をインターモーダル輸送チェーンに応用された初の列車となった。…

2022-12-08

カタールW杯で使われているサッカーボールはこの列車で運ばれたかも?

FIFAワールドカップ(W杯)カタール2022が開幕し、浙江省の県級市・義烏市も世界の人々の視野に入るようになっている。「メイド・イン・義烏」がカタールW杯で注目の的となっているのだ。 開幕前、「カタールW杯の公式グッズの半分以上がメイド・イン・義烏」というトピックが注目を集めたほか、「義烏市は50日間で、カタールW杯のために10万個のサッカーボールを作…

2022-11-28

中日観光交流の第一線を楽しく走る「パイオニア」

中国駐東京観光代表処(以下、「代表処」)が主催する中日国交正常化50周年を記念するマラソンイベント「2022美麗郷村—中日青少年ファンラン大会」が今年6月18日、山梨県甲斐市で開催された。 イベントでは、積極的に働く代表処の職員、山田亜美さんと中国人の李想さんの姿があった。 新型コロナウイルス感染拡大を克服して中日青少年の距離縮めるイベントを開催 …

2022-11-23
  1 2 3 4 5 6 7   next