「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> データセンター >> 協力プロジェクト

「日本-武漢-モンゴル」を結ぶシー・アンド・レールを構築 湖北

湖北省で新たな国際物流ルートが開通した。6月18日9時、自動車28台が積み込まれたコンテナ14基を積載して名古屋を出発したコンテナ船「華航漢亜1」が、湖北省武漢陽邏港に到着した。同日午後4時、コンテナ船「華航漢亜2」が自動車72台を積んだコンテナ32基を積載し、名古屋から武漢に向かって出港した。今月末、それら100台の自動車は、漢西車務段呉家山センター駅で、…

2021-06-25

「中欧班列」が累計4万本運行、貨物価値2千億ドル分を輸送

国際定期貨物列車「中欧班列」の統一ブランドが打ち出されてから5周年にあたり、中国の「一帯一路」(the Belt and Road)建設推進政策指導チーム弁公室と中欧班列専門テーマ協調メカニズムが20日に北京で、活動座談会を開催した。…

2021-06-22

中日「リモート対話」が威海で開催 交流イベント「対話地方」シリーズスタート

中国各地で展開される中日交流イベント「対話地方」シリーズの今年第一弾となる中日経済貿易・文化・観光交流プロモーション活動がこのほど、山東省威海市で開催された。参加者はオンラインで威海とつながり対話することで、双方の協力が新たな高みへと押し上げられることが期待されている。中国新聞網が伝えた。 今回のプロモーション活動のメイン会場は威海に設置され、「オンライ…

2021-05-19

上海で21日開幕の「第10回中国花卉博覧会」に「日本華道光影館」設置

今月21日に上海で開幕する「第10回中国花卉博覧会」のフラワーアレンジメント館には「日本華道光影館」が設置される。中国新聞網が報じた。 日中友好協会の橋本逸男副会長(写真提供・日本華道光影館)。 株式会社日中通信社と上海国錦文化伝播有限公司が共同で打ち出す「日本華道光影館」は、「華道」と「光影」の二つの部分から構成され、日中友好協会の副会長で、…

2021-05-18

国際博物館の日に合わせて上海で貴重な日本の浮世絵100点を展示

5月18日の国際博物館の日に合わせて、上海世博会博物館で17日、浮世絵名品展「浮世万象——百幅浮世絵芸術珍品展」が開幕した。日本の江戸時代から明治時代にかけての文化財級の浮世絵原版100点が展示されている。展示品は全て、日本の浮世絵3大コレクションの一つである浅井コレクションが提供している。浮世絵展では、日本を代表するアート形式、文化の象徴である浮世絵の素晴…

2021-05-18
  1 2 3 4 5 6   next