「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> ニュースルーム

中国共産党第20期三中全会、「さらなる改革の全面的深化、中国式現代化の推進に関する中共中央の決定」採択

中国共産党第20期中央委員会第3回全体会議(三中全会)が2024年7月15日から18日まで北京で開催された。 全体会議は中央政治局が主宰し、習近平総書記が重要談話を発表した。全体会議では、習総書記が中央政治局の委託を受けて行った活動報告の聴取・議論が行われ、「さらなる改革の全面的深化、中国式現代化の推進に関する中共中央の決定」(以下「決定」)が審議のうえ採択…

2024-07-19

新疆の1-6月期輸出入総額が前年比48.4%増に 昨年11月の自由貿易試験区発足が後押し

中国の22番目の自由貿易試験区「新疆自由貿易試験区」が昨年11月に発足。中国の中国西北エリアの国境地域初の自由貿易試験区となった。烏魯木斉(ウルムチ)の税関の統計によると、今年上半期(1-6月)、新疆維吾爾(ウイグル)自治区の輸出入総額は前年同期比48.4%増の2206億3000万元(1元は約21.4円)と、全国の増加幅42.3ポイントを上回った。 中国の…

2024-07-18

外交部「中国は日本側との各レベルの交流を重視」

外交部(外務省)の17日の定例記者会見で、林剣報道官が日本政界の要人の訪中に関する質問に答えた。 【記者】17日から来週にかけて日本政界の要人が相次いで訪中し、中国側と各レベルで交流する予定だ。これについてコメントは。 【林報道官】中国は日本側との各レベルの相互交流を重視しており、意思疎通や交流を通じて、中日関係の改善と発展を推進することを望んでいる。(編集…

2024-07-18

高温の重慶 防空壕で涼をとる市民

重慶市では7月17日、高温オレンジ色警報が発令され、大勢の市民が涼を求めて防空壕を訪れている。市民の避暑ニーズに対応するため、重慶市内11区にある39ヶ所の民間防空施設避暑納涼スポットが市民に無料開放されている。中国新聞網が伝えた。(編集KM) 「人民網日本語版」2024年7月18日…

2024-07-18

湖南省で「植物界のパンダ」と呼ばれる「小渓洞杜鵑」を確認

湖南省株洲市炎陵県桃源洞自然保護区の職員が最近、パトロール中にツツジ科の植物・小渓洞杜鵑(Rhododendron xiaoxidongense W. K. Hu)が美しい花を咲かせているのを発見した。雪のように白く、とても清楚な雰囲気を漂わせ、高い鑑賞価値を備えている。中国新聞網が報じた。 自然保護区の職員がパトロール中に発見した小渓洞杜鵑(写真提供・炎…

2024-07-18
  1 2 3 4 5 6 7   next