「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> データセンター

IMF、2024年の中国経済成長率は4.6%と予測

国際通貨基金(IMF)は米国現地時間2日、2023年の対中4条協議報告書を発表した。IMFはその中で、中国経済が新型コロナウイルス感染症の後に力強く回復したことを歓迎するとした上で、中国の2024年の経済成長率を4.6%と予測した。 同報告書によると、23年の中国経済はコロナ後の新たな開放によって力強く回復した。回復は主に国内需要(特に個人消費)による推…

2024-02-06

中国、レンタカー帰省がトレンドで予約が200%以上増 95後が4割超占める

春節(旧正月、2024年は2月10日)が近づき、ますます多くの人が帰省の途についた。うちレンタカーを自分で運転して故郷に帰る方法を選択する人が多い。これによりレンタカー市場が大きな盛り上がりを見せている。 上海の消費者の丁文斌さんは、「春節が近づいて帰省の準備をしているが、列車の切符はなかなか手に入らない。そこで今年のお正月はレンタカーで帰省することにし…

2024-02-06

中国2023年の外資導入額は1兆1000億元

商務部(省)がこのほど発表した最新のデータによると、中国では2023年に新たに設立された外資系企業が前年比39.7%増の5万3766社に上り、実行ベース外資導入額は同8%減の1兆1339億1000万元(1元は約20.6円)となった。商務部国際貿易経済協力研究院外国投資研究所の張菲副所長は、「2023年の中国の外資導入額は依然として高水準が続き、外資の基盤を安…

2024-01-25

中国2023年の中央企業の業績 営業収益39兆8000億元

国務院国有資産監督管理委員会は24日、2023年の中央企業(中央政府直属の国有企業)の業績を発表した。それによると、同年の中央企業の営業収益は39兆8000億元(1元は約20.6円)、利益総額は2兆6000億元、親会社株主に帰属する当期純利益は1兆1000億元となり、質の高い安定的な成長を実現した。固定資産投資(不動産を含む)は前年同期比11.4%増の累計5…

2024-01-25

小売総額4兆3600億元!政策効果で消費ニーズ拡大、サービス消費も回復上昇

(画像著作権は東方ICが所有のため転載禁止) 中国商務部(省)が発表した最新のデータによると、2023年12月には、中国の社会消費財小売総額が前年同期比7.4%増の4兆3600億元(1元は約20.6円)に達し、サービス消費が大幅に回復し、経済発展に対して消費が果たす基礎的な役割が一層強まった。 23年12月には社会消費財小売総額が同7.4%増の4兆3600億…

2024-01-25
  1 2 3 4 5 6 7   next