「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> データセンター >> 最新発表

四川発の地震早期警戒システム、空港4港で応用

武装警察中江ヘリ空港は先月、成都高新減災研究所(以下「同研究所」)が研究開発した、完全に独自の知的財産権を持つ地震早期警戒システムを正式に使用開始した。四川省は現在、空港4港で地震早期警戒システムを使用している。…

2020-01-10

外交部、中国とキリバスが3つの重要なコンセンサスを形成

外交部(外務省)の耿爽報道官は7日、キリバスのマーマウ大統領の訪中時に双方が両国関係の発展について3つの面で重要なコンセンサスを形成したことを明らかにした。…

2020-01-08

「中国の北斗」から「世界の北斗」 へ

2012年末、中国は「北斗2号」システムを完成させ、アジア太平洋地域に向けてサービスを提供し始めた。2018年11月19日、中国は19基の北斗測位衛星からなる基本システムを完成させ、同年年末に世界に向けてサービスを提供し始めた。2019年、中国はロケット7基と衛星10基の発射を成功させた。2020年6月までに、中国は地球静止軌道衛星2基をさらに発射し、北斗3…

2020-01-07

スリランカ高官が中国人投資家の投資を歓迎

スリランカの首相経済事務高級顧問を務めるAjith Nivard Cabraal氏がこのほど、新華社の取材に対して、「さらに多くの中国の投資家がスリランカで投資することを望んでいる」と語った。…

2020-01-04

中国が独自開発の「一帯一路」沿線都市気象サービスネットワークがリリース

中国気象局が2日明らかにしたところによると、中国が独自開発した、137の締約国(地域)をフルカバーする「一帯一路」(the Belt and Road)沿線重要都市気象サービスネットワーク(http://ydyl.cma.gov.cn/)が1日、正式にリリースされた。人々は中国「一帯一路」の公式サイト、中国気象局のウェブサイトにアクセスし、目標都市の5日間の…

2020-01-03
prev  2 3 4 5 6 7