「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> データセンター >> 最新発表

国際定期貨物列車「中欧班列」の年間運行数が初めて1万の大台突破 1万2406本

1月8日、検査検疫が終わり、内蒙古(内モンゴル)自治区二連浩特(エレンホト)市から中国域内を離れる「中欧班列」の列車。(撮影:郭鵬傑) 中国国家発展改革委員会は19日、「一帯一路(the Belt and Road)」の共同ブランディングプロジェクトの一環である国際定期貨物列車「中欧班列」は2020年、海路や空路で運ばれた貨物を積み替えて輸送できるという…

2021-01-20

ボツワナがアフリカ46ヶ国目の「一帯一路」共同建設パートナー国に

王毅国務委員兼外交部長(外相)は現地時間7日、ボツワナのクワペ外相と同国の首都・ハボローネで「一帯一路」(the Belt and Road)共同建設に関する覚書に署名した。新華社が伝えた。…

2021-01-08

王毅氏、アフリカ45ヶ国目の『一帯一路』協力パートナーとなったコンゴ民主共和国を歓迎

王毅国務委員兼外交部長(外相)は現地時間6日、コンゴ民主共和国のトゥンバ・ンゼザ外相と首都キンシャサで会談した。会談後、両外相は「一帯一路」(the Belt and Road)共同建設の推進に関する両国政府間の覚書に署名した。…

2021-01-07

中国は138か国・31国際組織と計201件の「一帯一路」協力文書に調印

国家発展改革委員会の孟瑋報道官は17日、新型コロナウイルス感染症による衝撃を前に「一帯一路」共同建設協力は十分な強靭性を示しており、現在までに中国は138か国・31国際組織と計201件の「一帯一路」共同建設協力文書に調印していることを明らかにした。…

2020-11-18

第14次五カ年計画の主要目標達成のため力を入れるべき分野とは?

中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議(五中全会)は「国民経済・社会発展第14次五カ年計画と2035年までの長期目標の策定に関する中共中央の提議」を審議・採択し、第14次五カ年計画期間の経済・社会発展の主要目標と重点課題を示し、未来に向けた壮大なビジョンを描き出した。…

2020-11-02
prev  1 2 3 4 5 6 7   next