「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> ニュースルーム >> 習近平総書記

福建省寧徳市のフウセイの「復活」から読み解く習近平総書記の「大食物観」

福建省寧徳市域内の官井洋海域は、フウセイの重要な内湾性産卵場だ。1960年代から70年代にかけての乱獲により、フウセイの個体群は危機に瀕していた。1988年6月から1990年4月まで福建省寧徳地区党委員会書記を務めていた当時35歳の習近平氏は、綿密な調査を開始し、地域の山や海を実際に歩き、その現状を把握した。 1988年6月から1990年4月まで福建省寧徳…

2024-05-17

習近平国家主席がロシアのプーチン大統領と会談

習近平国家主席は16日午前、北京の人民大会堂で、中国を国賓訪問したロシアのプーチン大統領と広範囲に及ぶ会談を行った。 習主席は「プーチン大統領の中国に対する国賓訪問を改めて熱烈に歓迎する。今回の訪中が大統領としての新たな任期で初の外遊であることは、プーチン大統領自身とロシア政府が中露関係の発展を非常に重視していることを十分に示すもので、中国側はこれを非常に高…

2024-05-16

習近平総書記が北京市八達嶺長城のふもとの村民に返信

習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は14日、北京市延慶区八達嶺鎮石峡村の村民からの手紙に対する返信で、心のこもったメッセージと期待を伝えた。新華社が伝えた。 習総書記は村民への返信で「これまで皆さんが自発的に長城を守り、長城文化を継承し、長城の資源を活用して豊かになったことを嬉しく思う」と述べた。 習総書記は「長城は中華民族の象徴的なシンボ…

2024-05-16

パナマ大統領選勝利のムリノ氏に習近平国家主席が祝電

習近平国家主席はこのほど、パナマ共和国の大統領選に勝利したホセ・ラウル・ムリノ氏に祝電を送った。新華社が伝えた。 習主席は「2017年6月、中国とパナマは国交を樹立し、両国関係に新たな章を開いた。国交樹立後の7年間で、両国関係は急速に発展し、実り豊かな成果を挙げ、両国民に確かな利益をもたらしてきた。中国とパナマの国交樹立が両国の根本的利益にかない、中国・パナ…

2024-05-16

習近平国家主席がハンガリー国賓訪問を終え帰国の途に

習近平国家主席は現地時間10日夕方、ハンガリーへの国賓訪問を終え、特別機でブダペストを離れ、帰国の途に就いた。新華社が伝えた。 ハンガリーのオルバーン首相と夫人が空港で見送りを行った。空港へ向かう道の沿道には、在ハンガリー華人・華僑、留学生らが集まり、中国とハンガリーの国旗を振り、「中国・ハンガリー友好万歳」などと記された横断幕を掲げて、習主席を見送り、今回…

2024-05-11
prev  1 2 3 4 5 6 7   next