「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> ニュースルーム >> 写真

伝統文化を取り入れたリアルな中国菓子

ちょっとお茶目でリアルな獅子頭に、京劇の女形の華麗で美しい髪飾り、上品で高級感あるバッグには実はある共通点がある。それはこれらはどれも食べれるという点だ。中国の伝統要素を取り入れたおしゃれな国産品のトレンド「国潮」スタイルの中国菓子がSNSで話題を集めており、獅子舞からインスピレーションを得た獅子頭の形をした中国菓子に、ネットユーザーからは、「すごすぎる!」…

2023-02-02

北京・故宮の分館「北院区」の建設が海淀区でスタート

1925年に正式に創立され、すでに約100年の歴史を誇る故宮博物院がこのほど、分館の建設を本格的に始動し始めた。中央テレビニュースが報じた。 プロジェクト立ち上げから、約10年かけて準備が進められていた故宮博物院の分館・北院区の建設がこのほど正式に始まった。建設地は北京の北西郊外の海淀区北西旺鎮西玉河村だ。南側には川が流れ、北側には山が連なり、敷地面積は…

2023-02-02

寧波舟山港をたずねて 年間貨物処理能力は14年連続で世界一

寧波舟山港によると、同港は2022年の貨物処理能力が12億5千万トンを超え、14年連続で世界一になった。コンテナの処理能力は3335万TEU(20フィート標準コンテナ換算)に達し、世界3位だった。 同港は中国国内の大きな循環の戦略的支点及び国内と国際的な2つの循環「双循環」の戦略ターミナルを構築するために、海運企業との協力を強化し、航路の構造を最適化し続…

2023-02-02

10億元産業を動かす「小さなイチゴ」 江蘇省塩城市

江蘇省塩城市塩都区のイチゴ栽培は、1990年代末頃にスタートしてからすでに20年以上の歴史があり、現在は栽培面積が90平方キロメートルに迫る。 15年前に企業の会計担当の職を辞してイチゴ栽培の世界に飛び込んだ村民の李万選さん(60)は、「自分はラッキーだった」と繰り返した。「当時は何の技術もなく、販売についても何も知らなかった。まさか小さなイチゴが一大産…

2023-02-02

中国の旅客輸送内燃高速列車、UAEに初輸出

中国の先端設備の海外進出に新たなブレイクスルーがあった。中国中車傘下の四方股份公司は1月31日、アラブ首長国連邦(UAE)のエティハドレールと、旅客輸送内燃高速列車プロジェクトの供給契約を結んだ。これには21両(3本)の営業速度200km/hの内燃高速列車、最大140両(20本)の追加発注選択肢、すべての関係列車の15年間のメンテナンスサービスが含まれる。中…

2023-02-01
prev  1 2 3 4 5 6 7   next