「一帯一路」ニュースネットワーク

BRNN >> 「一帯一路」ニュースネットワーク >> ニュースルーム >> 写真

中国から輸入した鉄道客車の運行開始 パキスタン

パキスタン鉄道は27日、2022年に中国から輸入した鉄道客車をグリーンライン特急列車編成に組み入れ、乗客を乗せて正式に運行を開始するセレモニーを行った。新華網が伝えた。 2022年11月、中国中車(CRRC)傘下の中車唐山機車車輌有限公司(中車唐山公司)がパキスタンに輸出することとなった客車230車両のうち第一陣となる広軌用車両46両および関連部品がパキ…

2023-01-30

<企画>2022年の経済情勢に関するデータを発表 中国

「中国はこのほど、関連データを発表し、2022年1-12月の経済情勢に関して報告した。」 ▷消費市場の運営状況  2022年1-12月の中国の社会消費財小売総額は前年同期比0.2%減の43兆9733億元だった。 ▷対外貿易の状況 2022年の中国の輸出入総額は初めて40兆元の大台を突破。中国は6年連続で世界一の物品貿易国の地位を保っ…

2023-01-30

春節7連休、海南省の離島免税店の売上高が1日平均約67億円に

今月21-27日までが春節(旧正月、今年は1月22日)に合わせた7連休となった中国では、海南省の離島免税市場が引き続き活況を呈した。海南省商務庁が28日に発表した統計によると、7連休中、省内の離島免税店12軒の売上高(免税、納税済を含む)は合わせて25億7200万元(1元は約19.1円)だった。春節連休期間を同期として比較すると、前年同期比で20.69%増、…

2023-01-30

22年の平均可処分所得、北京と上海が8万元に迫る 浙江は初の6万元超

(イラスト著作権は東方ICが所有のため転載禁止) 中国20省・市が最近、2022年の住民1人あたり可処分所得のデータを発表した。 上海市と北京市の住民1人あたり可処分所得は7万元(1元は約19.1円)を超え、他の省・市を大きく上回っている。統計によると、トップは上海市で、7万9610元と8万元の大台に迫っている。2位は北京市で、7万7415元だった。…

2023-01-30

習近平総書記がオンラインで現場で働く人々を慰労、全国各民族人民に春節の挨拶

中華民族の伝統的祝日である春節(旧正月、2023年は1月22日)を前に、習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)はオンラインで、さまざまな分野の現場で働く幹部・大衆を慰労し、全国各民族の人民に新春の挨拶を伝え、各民族人民の健康、家族の幸福、事業の進歩、兎年の吉祥を祈った。…

2023-01-19
prev  3 4 5 6 7 8 9   next